椎間板ヘルニア備忘録17

東京はさくらの開花宣言され、今週末には満開という時期になりました。

気温も暖かくなり、起床時の痛み等は少なくなってきたように思えます。

毎朝、軽く足のストレッチを行っているのですが、今日は格段に痛みが減っているように感じます。

その痛みとは、立って発生する痛みです。これまで2分立って歩くと痛みが発生していたのが4分立ってもまだ歩けるというイメージです。

痛む場所も全体ではなく、ポイントに絞った痛み方をしています。(足の甲付近のみ)

これにより、駐車場で車を降りてから、居室まで痛みはあるものの、比較的スムーズに移動できました。また、帰りも同じです。

この状況の変化は、痛み止めの注射の効果は切れているはずなので、他の要因が考えられます。

「気温の上昇」、「ストレッチの効果」そして「ヘルニアの収縮」

「気温の上昇」は、また、急激に寒くなることがあるでしょうから、その時に切り分けが出来るのではないかと思われます。

残りの「ストレッチの効果」と「ヘルニアの収縮」。これは、なかなか切り分けが難しそうです。

本日、もう1つ変化が。正確にいうと昨日からですが、急激な眠気が襲うようになってきています。さらに、今日は怠さも併せてやって来ていました。薬の副作用のようにも思えますが、よくわかりません。単なる疲れか?(歩けるようになったからの)

暫く様子をみることにしよう。

椎間板ヘルニア備忘録16

 痛み止めを打って2日目。前回の時には、この時点で、効果は消えていたような気がする。

 気温が少し高くなったからだろか?痛みが薄らいでいるような気がする。それとも痛み止めの効果か?

 痛みが無いので、朝からホットカーペットの上で、近所の整体に行った時に教わったストレッチをやってみる。

 その効果は判らないが、出社時に、会社の駐車場から更衣室、そして居室まで、それほど痛みを我慢することなく、移動することが出来た。

 昼食時も、料理を取るために、2,3分並ぶことが出来た。さらに、帰宅時も駐車場まで、さらには家についてからも、着替えるまで椅子に座って休むことなく、移動することが出来た。

 これは、歩けなくなってから初めての出来事。

 この効果は、痛み止めの効果なのか?それともストレッチか?

 明日もストレッチをやってみることにしよう。

椎間板ヘルニア備忘録14

本日より、「トラマールの効果」から「椎間板ヘルニア備忘録」に改めて、備忘録として書き残しておきます。

あくまでも「備忘録」で、経過や状況を記し、今後の治療による変化を書き留めておくことを目的としています。

さて、2週間ぶりの外来にて主治医に状況の説明をした結果、正式にリリカ75mgを3回/日となりました。

それ以外の薬はそのまま。ただリリカの副作用か、お通じがよろしくないので重カマ「ヨシダ」を処方して頂きました。また、立っての仕事等が発生するときの事を考えて、ボルタレン(座薬)を処方して頂きました。アキバを徘徊したいときとかも使えそう(笑)

さて、今日は東京でも雪が降る寒さとなりました。午後には止んだものの放射冷却化?というくらいに空気が冷えたりして、自転車を乗って漕ぐと右足をなめる風でかなり痛みを覚えて、風呂に入るまで結構辛い1日でした。

前回と同じ痛み止(イロトロピン3ml、デキサート2ml)めを打ってもらったのですが、神経疼痛には効かないのでしょうか?

この痛み止め普通は2,3日効くような事を看護婦さんは言ってましたが、私は1.5日程度だったかと。

水曜日まで効いてくれるのいいな。

トラマールの効果 その13

 本日は日曜日、もう4月というのに外は9度と真冬並みの気温の1日。
 
 そんな比較的寒い1日。これといった大きな痛みもない1日だったが、足のしびれが気になる。

 あきらかに、足のしびれを感じる回数が増えている。

 また、ちょっとした足元の冷えからの痛み発生するようになったのも気になる。

 しびれと、寒さの敏感さは関係あるのだろうか?