カテゴリー別アーカイブ: SUZUKI Vecstar

ディスクローター交換(その2)(30,705Km)

5月末に交換しようとしたが、穴位置精度が悪く取り付けられなかった。<参考>

事情を説明して返品。他のローターを探したが結局、プレコミモーターへと辿りついた。しかし、欠品で7月まで入荷が期待できないとのこと。仕方がないので、入荷されるまで待つことに。

そして、やっと7末に着荷して作業へとなった。

 前回の作業で焼いてしまったオイルシールはモノタロウから購入。他の部品や用品と一緒に購入するなどして、送料を無料としてしまえば、南海部品等の純正部品の発注より安かったりする。

 ただ、全ての純正部品を購入できるのではないので注意が必要だが、モノタロウのサイトで検索すれば一発でわかるので、オーダする前にチェックするのがよい。

 シールの取り外しは、マイナスドライバーで。打ち込みは23mmのソケットの駒で、全体の打ち込み状態を確認しながら打ち込めば簡単に入る。

プレコミの穴の位置精度は問題なし。こうじゃなきゃ。

新品のローターの厚さ:3.8mm
ちなみにこれまで装着されていたローターは3.2mm。限度厚みの3.5mmを大幅に越えての使用だった。

 装着して車庫の前をすこし走ったが、まったくブレーキが効かない。もしかして油が付着したまま?いや、そうであれば、何か申し送りがあるはずだ。

 ふと、ローターをみてみると、2本筋が入っている。

キャリパーを外して、2枚のパッドの表面をみたら、波打っている。さらに石かなにかを噛んだ跡もある(汗)
これでは、新品のローターでは効きが悪いでしょう。

 旧ローターは削れて、このパッドの凹凸が一致していたため、制動に必要な面で接していた。
 一方、新品のローターは当然、面はフラット。それではパッドの凸の部分でしか接しないので制動に必要な摩擦力を得られなかったという訳だ。

 在庫のパッドがあったので、交換する。今回交換するのは、「デイトナ(DAYTONA) ブレーキパッド ゴールデンパッド」。若干高いが、持ちが良く、効きもよいので、お勧めだとうか。

 ということで、無事交換完了。

ついでに、サイドスタンドの渋い動きを直した。

ボルトを外して、モリブテングリスを塗布しておしまい。しまう時にスタンドから足が外れてどこかにぶつけて足の川を剥いてしまって痛い思いをしていたが、これでこのような事は無くなるだろう。

センタースタンドもグリスアップしたいが、このまま作業していたら熱中症で倒れそうなので、涼しくなってからやることにしよう。

ディスクローター交換(その1)

 
 使用限界が3.5mmと書いてあるディスクベクスターのローター。測ってみると3mm程度、と判ったのが1年位前。

 先週はブレーキフルードの交換を行ったので、次はローター交換。ただベクスターのディスクローター交換は、インターネットで調べてみると手強そう。六角もなめて溶接して外した。という記事しか見つからない。

 その時は諦めるしかないと心に決めて作業開始。

 確かに、外そうとした形跡がある(右手前のボルト)。俺か??いや、やった記憶がない。

 バーナーで30秒程度あぶってみると。

 3本とも、すんなり緩みました。めでたしめでたし。

ただ、ボルト穴にはネジロックが固着しています。これは丹念に取るしかないね。

ここまで綺麗にすればスッキリ。

これもスッキリ。

バーナーの熱が原因かもしれませんが、オイルシールがダメになっています。これも交換ですね。
中のベアリングは大丈夫そうです。

 念のため、穴もタップで軽くさらっておきます。

さて純正品はナイロック塗布済ボルトとなっていました。

あれ?なんかおかしい。

これも。

これも。

どうやら、穴のザグリの加工精度が悪いようで、ボルトのフランジにあたってしまい、最後まで締め付けることが出来ません。
 現在、購入したお店に問合せ中。中国産だから、諦めが必要かな。

 

プラリペア登場!

 ベクスターの外装一式をヤフオクで落とし、交換。

 この交換で、ボディーカラーが黒からシルバーに変わります。

 で、メータ回りをいじっていたら、スターターボタンを固定する受け側が折れていました。

 ここは、久しぶりにプラリペアに登場いただくことに。

 瞬間接着剤で、仮止めした後、回りをプラリぺで固める。

 明日には固まっているだろう。

液体だけ、追加で購入。

 
 

フロントタイヤ交換 (30,327Km)

 椎間板ヘルニアが主原因の坐骨神経痛がひどくなり早1っか月。検査入院やらしたおかげで、めっきり体力・筋力が衰えだしてきた。
 
 そのためか、これまで右足の坐骨神経のみ影響だったのが、なんとなく左足にも影響が出てきたような気がしてきた。

 これでは、まったく動けなくなってしまう。ということで、立ち仕事は出来ないが、しゃがみ仕事+ちょっと立つ、みたいな作業なら出来るかも。

 ん?なんか思い当たる作業があるぞ、そう!バイクいじりだ。

 ということで、ベクスタのタイヤ交換をすべく、タイヤを購入。リアと同じIRC MB520を通販で購入。同時にDAYTONA エアバルブ L型も購入。タイヤ交換時には是非交換しておき、万が一に備えておきたい。

 現在履いているタイヤの溝はまだあると言えばある。しかし、製造年が2006年34週と11年以上も前のタイヤなので、今回の交換となった。

 しばらく動かなかった人間に、この寒空の下でいきなりタイヤ交換は少々厳しかったが、防寒具を着こんで作業したら、なんとなく、体が軽くなったような気がしてきた。

 気温が低く、タイヤも堅いだろうということで、ビードクリームを少し多めに塗ったら、比較的スムーズにタイヤ交換は終了した。

 エアバルブにもビードクリームをちょこっと塗って、プライヤーを使ってホイールの内側からテコの原理を使って引っ張る。その時ウエスを巻いたプラスドライバーをテコの支点として使うとよいみたい(申し訳ありませんが写真はありません。ただ、実際にやってみると、どこにドライバーを置けばよいのかわかると思います)。

 新しいタイヤはいいですね。フロントなので、ひと皮がむけるまでおとなしく走らないと、足をすくわれるので要注意ですね。

 

コンビニフック

 ちょっとヴェクスタで買い物行って、トップケースやシート下に入らず、さらにステップの上では座りが悪くてちょっと困る。例えば大根とか長ネギとか(笑)。

 そんなときのために、コンビニフック的なものが欲しいなぁーと思いながら10年以上が経過。

 わざわざ数百円のフックを買うのも悔しく、放置していたのですが、先日、街中でナイスなコンビニフックを取り付けている人がいたので、早速真似させていただきました。

穴開ける前

 フロントカウルを外して、穴をあけます。
開けた後

K1100LTにトップケースに取り付けられていたツーリングネットを引っかけるためのフック(ナンバープレートフックというらしい)を取り付けます。

ツーリングネットひっかけるヤツ

これだけじゃ、コンビニ袋は取り付けられないので、これまた転がっていたナス管を取り付け終了。

ナス管つけて、おしまい

体調が今一つすぐれない日曜日の昼下がり、ちょっとした作業が、気分転換になりました。