カテゴリー別アーカイブ: Domestic

国内旅行

白馬八方尾根スキー場 北尾根の湯

初夏と思われる、5月の下旬、2014年8月にオープンしたばかりの白馬八方尾根スキー場 北尾根の湯に行ってみました。

 この時期は、北尾根クワッドリフトが動いていたので、片道300円を支払ってゲレンデ中腹に向かいます。

 リフトを降りるとその前にぽつんと温泉小屋が建っていて、温泉から出てきたらくつろげるように、リクライニングするウッドチェアや食事ができるようなテーブルと椅子が設置されています。

2015年時点での入浴料は大人600円、小人300円。営業時間などは時期で変わる可能性があるので、オフィシャルなホームページなどで確認してください。
所要時間はJR白馬駅からタクシーで20分程度、リフトで約10分程度。時期によっては大変込むようで、行列用の丸椅子がおいてあったりします。

 平日に行ったので、待ちはなし。もしかしたら、今日は我々が初めての客ではないか?と思うくらい。今回は快晴の中、貸し切り状態でゲレンデ露天温泉を満喫できましたが、写真を見ての通り、風呂場は狭いため、混雑時は快適とはいかなさそうです。

IMG_2811

男湯からの眺めはこんな感じ。女性風呂は目隠しの網があるようで、こんなに開けていないようです。
IMG_2825

IMG_20150527_134650

 木製のオセロがあったりします。涼しければ出来たのですが、この日は5月だというのに30度近くあり、それどころではありませんでした。

IMG_2814

IMG_2817

雪が溶けて、かろうじて、一番右の鶏が見えたくらい。種まきじいさん、婆さんは見えず。

IMG_2819

グランドサークルツアー(出発日)

 突然の父の入院にもめげず、グランドサークルツアーに出発です。

 昼間は入院している父の顔を見に行ったり、掃除をしたりと汗だく。シャワーを浴び、タクシーにのって20時に出発。といっても蒲田駅まで、蒲田からは270円のバスです。21時にはカウンターに到着。なんちゃってサファイヤの会員の私はグローバルほにゃららのカウンター。地上職員に説得されて、気がついたらビジネスクラスになっていました。

と、こんなところで運を使ってしまった、今回のツアー、気がついたらThe Waveがメインとなってしまったが、さて、たどりつけるのでしょうか?

秋晴れの鵠沼に行きたかった訳ではないが・・・

 ローターを新品に交換し気分一新したので、ちょっと走りにということで、タンデムで三浦海岸に向かうことにしました。
とその前に、昨日は時間切れで、このEBC社製のロータをセットで使うために購入したパッドに交換していなかったので、交換してから出発することに。で作業を開始しようとしたらキャリパーのカバーがありません。

 いろいろと考えたのですが、昨日試験運転したときにどこかで落としてしまったと思われます。通った道も覚えていますが輸入すれば1,000円程度なので諦めました。

 パッドを交換して、ぐるっと家の周りを走ってブレーキの様子を確認してから出発。まだパッド、ロータともあたりがでていませんが、以前よりブレーキのタッチがずいぶんマイルドになったような気がしますね。悪く言えば「ブレーキがききにくい」ですが、個人的にはこのくらいのほうが踏み込みやすく好きです。

 さて、三京、横横と順調に走ります。途中、MP3プレーヤの音が聞こえなくなったりしていましたが、走行には差し支えないのでそのまま走ります(実はこれがその後のトラブルの前兆でることは、その時には思ってもいませんでした)。

 途中で目的地を三浦海岸から、葉山経由cafe Doorに変更。三浦縦貫道路に抜けて、R134へ向かいました。葉山付近で若干渋滞するものの、道路は順調に流れ、秋晴れの湘南を見ながら気持ちよく材木座海岸、稲村ケ崎を通過。そして、江ノ島水族館を通過したときに、再度オーディオから音が出なくなり、気が付いたらウインドスクリーンの昇降も出来なくなっていました。(この時点で13:50)

こりゃなんだ?ということで、信号待ちで一旦イグニッションをOFFに。そして再度ON。そしてスタータボタンを押すがセルが回らない。

 ニュートラルランプ、ワーニングランプなどは点灯するものの、ウインカーが点滅しない。スターターリレーも動作するが、セルが回らない。

 ちょうど停まったのは、西浜歩道橋ちょっと崎の中部駐車場横。さらにその横には鵠沼海岸の駐輪場が。なんとまあ都合のよいところで停まったものだ。そそくさとバイクを押して駐輪場へ入れて、ごにょごにょとチェックしたものの、モトロニックでも、ヒューズでもなさそう。バッテリーが死んだならセルが回らないだけで、ウインカーが点滅しなくなってしまうというのはおかしい。タンク下のリレーかな?とりあえずリレーをたたいて見たが変化なし。うーん、困った。

 あまりどたばたしても仕方がない。ココにくるまで、結構いい景色を見れたし、気分もよかったのでcafe Doorには行けないが帰りはトラックでゆっくり帰るのもいいだろう。ということで今年二回目のロードサービスにお世話になることにしました。(この時点で14:15)

 ロードサービス到着まで1時間程度掛かるということだったので、駐輪場前にあるスーパー(ユニオン)で飲み物とポテチを買ってボードウォークに座って湘南の海を眺めていました。

 こんな場所があるなんて知らないでR134を何度も走っていました。今回のトラブルでボードーウォークがあるのを知ったので、ちょっと得した感じが・・・

 15:15頃ロードサービスが到着、駐輪場から路上にLTを出そうとしたら、セルが回るじゃありませんか。でも、いつ再発するか怖いので、乗せてもらうことに。帰りのR1は混雑することも考えられるのでカミさんは電車で帰宅。私は、トラックの助手席に乗って帰宅となりました。 帰路の道も思ったより渋滞がなく、17:30には到着。カミさんもほぼ同時に到着でした。

 トラックから降ろす際、再度セルを回してみたのですが、ちゃんと回りました。ただ、ヘッドライト、ウインカーが不安定になる現象が再発。やはり何かがおかしいようです。

 早速、エンジン停止状態でバッテリーの電圧が12.5V程度。エンジンを掛けて回転数上げて13.7Vであることをチェック。こんなもんのような気がする(手元に情報がない)。

 とりあえず、バイクをしまってゆっくりと回路図を眺めることにしよう。

山ごもり2011 夏(3日目)

 部屋の窓を閉めて寝たのもあって、ちょっと暑く、5時半頃目が覚めた。朝食は7時半なので、まだ2時間弱ある。どうしよう?、ベッドの中でしばらくもぞもぞ。やっぱりもったいないので、6時過ぎに散歩に出かけることにしました。

 平坦なところの散歩は気が楽だねぇ。ちょっと日差しが強いですが、まだ我慢が出来る程度。とりあえず、ジャンプ台が見える方向へとぼとぼ歩いみました。普段は車でしか通らない場所を歩くといつもと違った景色が見えますよね。

 ふと気になるわき道を歩いていると、スイス風のデザインのホテルがあったりします。スイスは行ったことはありませんが、日本人のイメージ通りのデザインですね。Heidi Hofというホテルのようです。

 
 さらに、そのわき道を進んでいったら、木の間から気球が浮かんでいるのを発見。飛び上がるのか?と思いきや、上昇したり、下降したりの繰り返し。どうやら、早朝に行っている熱気球係留体験というツアーだったようです。
5分間だけのふんわり感を味わうツアー、この早朝の涼しい時間帯なら気持ちよさそうです。

 7時を過ぎるとさすがに暑くなりますね。日陰が無いので、直射日光がじりじりと照りつけます。朝食の時間も近づいてきたので、いそいそをペンションに戻って食事をとってと・・・荷物を片付け帰路に。

 途中、飯森駅のそばに見つけたブルーベリー農園でお土産を買い、一路、最後の涼しさを求め、ビーナスラインに向かいました。

 途中、灼熱地獄の豊科の国道で、なにやらトラブルに見舞われている伊豆ナンバーのK1600GTを横目に松本に抜け、一機に涼しいビーナスラインへ!と意気込んで駆け上ったのですが、ビーナスラインの上も暑い!!やっぱり今年は異常ですね。

途中、大門峠にある利休庵で蕎麦を食べて帰ろうと思ったのですが、松本を抜けるのに思った以上に時間がかかってしまい、断念。結局霧が峰のレストハウスで軽くすませた。

 そういえば、6年ほど前、会社の上司と一緒にツーリングに来て、上司がこの利休庵の前で砂にタイヤを取られて、あわやく対向車に激突。結局アバラ骨を折って・・・というアクシデント出来事があったっけ。(笑)

 白樺湖を横目に、途中わき道にそれて南諏訪IC経由で渋滞もなく、17時頃無事帰着しました。

201100810_mod

本日の総移動距離 約308Km (車)

 今回の山ごもりはいつもとちょっと違った形態の山ごもりで、それが新鮮でした。また、カミさんのトレーニング、いやリハビリも十分出来て満足満足!!

山ごもり2011 夏(2日目)

いつもの山ごもりなら、6時頃に目が覚めてゲレンデまでとぼとぼ散歩して、さーて今日は何しよう・・・という山ごもりですが、今回は、今日この別荘から10時には出て行かなくてはいけません。

散歩も早めに切り上げ、朝食を取って出発の準備です。といっても、今回は荷物(遊び道具など)も少ないので、片付けは簡単。時間に余裕がありそうだったので最後の一吹きし、日が高くなると段々暑くなり、汗ばむようになった9時には終了。 荷物を車に積んで出発です。

まずは、今日お世話になるペンションに車を置きに向かいました。今回お世話になるペンションは「林檎の樹」というペンションです。Googleで適当に検索したらヒットし、ペンションの場所がすぐ判ったということもあり、すぐに決めました。正確にいうと2軒目ですが・・・。

予定では、自転車で別荘地を走る(これもカミさんのリハビリ目的です) 予定でしたが、車を置きにペンションに行ったら、「今日どうされます?天気が良いので八方に登られたらいかがです?」という声に、結局、サイクリングは中止。八方へ向かいました。(カミさんと協議の結果ですので)

ゴンドラ、リフトに乗って・・・といろいろコースがありそうでしたが、以前登った五竜と同じ雰囲気だろうということで、あまり考えずにゴンドラに乗り込みました。

ゴンドラ1本、リフト2本を乗り継いで八方池山荘に到着。結構、老若男女、人がうじゃうじゃいるじゃん。クロックスのサンダルや、ぺらぺらのサンダルを履いている子供お抱えているネエちゃんもいるぞぉ。大丈夫なのか??


さて、ここからは足で登っていくのですが、どこまで行くか?が問題です。とりあえず、第二ケルンまで登ればいいんでない??と思ってスタート、「あれ、今ここどこ?」、「えーっと、(スマホのGPSを起動させて標高を調べる)、あれ、もう第二ケルン越えてる??」ということで、訳判らずに登って結局第三ケルン、八方池まで登ってしまいました。
途中、残雪が残っていたりします。

これが八方池。ここまでくるのに約45分程。ちょっとハイペースだったかもしれませんが、まあ、リハビリにはなったでしょう。

八方池のほとりで、コンビニのおにぎりを食べて、天候が崩れる前に下山です。一番下のゴンドラの駅に到着したのが2時半。心地よい汗をかいたので、汗を流しに、小谷温泉(<=風呂の写真はリンク先を参照ください)に向かいます。

降りてきて、判ったのですが今回ルートは、下の看板にある、「トレッキングエリア」というルートだったようです。

さて小谷温泉は、糸魚川方面にR148を走り、小谷温泉入り口で右折して、一気に上った頂上付近にあります。以前、ここの駐車場の前に雨飾荘という古びた山荘がありましたが、今回行ったらみごとに無くなっていて、コンクリートの基礎のみになっていました。風呂浴びてこの山荘で蕎麦を食べる・・・というのが良かったのですが。

駐車場から歩くこと数十秒。ちょっと判り難いところに入り口があります。

男女別の露天風呂ですが、脱衣場は殆ど無いに等しい、素朴な露天風呂です。もちろん源泉掛け流し。源泉が熱いため、つねに、温度を下げるための水を入れています。 夏だとちょっと熱めで辛いかもしれませんが、気持ちいぃ~。
ただ、この時期、アブがたくさんいるため、ゆっくり入っていられる状態ではありませんでした。もし、夏場に行かれる方は、ハエたたきを持参することをお勧めします。


結局、カミさんは、アブに追われて湯船には5分位しか入れず、それでもスッキリしたようです。私は15分程度入っていましたが・・・。さて、来た道を戻り、ペンションに向かいます。

ペンションに到着後、若干時間がありましたが、部屋でまったりと過ごし、夕飯ちょっと前には、ウッドデッキで生ビールを。そして食事へとなだれ込みました。 いつもの山ごもりなら、あーだ、こーだといいながら、夕食を作りだすのですが、何もしないで、食事が出てくるのもいいもんですね。

ゲレンデの中腹の別荘だと、食事の後に、ほろ酔い気分で散歩に行くということはちょっと出来ません。ゲレンデを下るのは出来ても、登るのはちょっと無理ということで・・・。
でも、別荘地の中であれば平坦なので腹ごなしに散歩が出来ます。ということで、昔しは活気があっただろうエコーランドに行ってみました。昔の面影はあるものの、通りを歩いている人はゼロ。悲しげにお店の明かりが点いているだけでした。

ということで、本日の総移動距離 約67Km (車、徒歩)とコースです。

本日のコース