カテゴリー別アーカイブ: Overseas

海外旅行

Vodafone RED Roaming SIM

以前、ここで書いたようにVodafoneアイルランドが販売しているSIMのローミングを実際に使ってみた。

IMG_8087

IMG_8089

すでに、購入時に10€がチャージされているので、現地でNexus5に刺すだけ。

刺して、電源を入れしばらくすると、下記のメッセージがSMSあてに送られてきます。

どこぞの番号に”START”とか送るのかと思ったら、何も操作無しで1日2.99€ 500MBがスタートしました。

受話時にお金が掛るということでしたが、日本からの電話を5分位話しをしたのですが、なにも課金をされることはありませんでした。不思議だぁー。

ともあれ、簡単に1日500MBを確保出来るのは非常に楽でした。

 

通知

オランダでLycamobileを使う 【Web登録編】

Lycamobile.nlのサイトに登録しなくても、Top-Upすることもできるが、登録して、Web上の情報で確認したり出来た方がより便利かと思い、登録してみた。

PC用のサイトの場合、http://www.lycamobile.nl/に飛んで、右上のオランダ国旗の右側あたりにある”Taal”(言語)をクリックすると言語切り替えが可能。スマホ用が表示された場合には、そのページの1番下まで下がると、同様に”Taal”がある。

下記のスクリーンショットは言語を英語に切り替えたときの表示で、「My Lycamobile」から所望の登録を行う。

Lyca_Top

新規登録なので、「Register」のアイコンをクリックして、登録画面に飛び、下記の項目を入力。

Lycamobile number (e.g. 06********)

Your PUK code  (SIMカードを切り離した側のカードに印刷されている)

E-Mail address (メールアドレス)

Select a secret question(秘密の質問)

Enter your answer to the secret question (秘密の質問の答え)

ここで、私の場合、Lycamobile numberの入力に手こずった。

すでに「購入編」で書いたすように、頭の数字を機能をすっかり忘れていて、316….と入力してエラーの連発。頭を抱えてしまった。

次のページでは、氏名、生年月日や、住所を入れるところがあるが、ZIPコードでオランダ以外は受け付けられなかったので、ホテルの住所を入れる。この手のSIMのよくある手法。

登録が完了すると、パスワードが記入されたメッセージが登録したメールアドレス宛てと、SMS宛てに送られてきます。このパスワードを使ってログインを行う。

My Lycamobileの中では、Top-Up、Top-UPの履歴確認、登録情報変更、Call Historyを確認出来る。

MyLycamobile

Call Historyはこんな感じ。

Bundle Nameの列に、今回追加した4100が記載されている。また、データの残容量は一番右のFinal Free Unit Balance (単位はByte)で確認することが出来る。

Call History Sample

オランダでLYCAMOBILEを使う 【プラン選択編】

他のプリペイドSIMもそうだが、このLycamobileにもいろいろなプランがある。

Top-Upが完了したら、これから自分の利用内容に適したプランを選択することになる。もちろん、この状態のままでも電話の送受、データ通信も出来るが、お得な状態ではないことはあきらか。

私は、主たる目的がデータ通信。電話は受話がほとんどで、送話はまれにする。という利用を想定してるので、

  1. Saver Plan: 国際電話含め受話には課金されず。送話の時には1送話につき9ctがチャージされ、さらに、送話時間に対して課金されるプラン。
  2. 4G -M: 4G回線に接続して、30日間、500MB (*1)までデーター通信可能なプラン

の2つを選んだ。

1. Saver Planの選択方法

SMSで、 2525宛てに”SAVER”と送る。

ということになっているが、実際のプランがセットされたか不明。確認方法も解らない。(だめじゃん!)

というのも、SAVERを送ったところ、送信エラーとなって戻ってきてしまった。ハングアウトの使い方が間違っていた可能性があり、その後送り直した可能性があるが、これを書くころにはどうしたか覚えていない。

2. 4G-M プランの選択方法

SMSで、 3535宛てに”4100″と送る。

4G-Mは私が使った2016年3月8日頃のホームページ上の表示は500MBだったが、帰国してこの記録を書くときには1GBとなっていた。

4G

このプランが適用されると、Call HistoryのBundle Nameの欄に4100がセットされる。また、Call Historyから確認可能。Call HistoryはLycamobile.nlから登録すると見れるようになる。

 

 

オランダでLycamobileを使う 【Top-Up編】

Top-Upとは買ったプリペイドSIMにお金をチャージすること。

Top-Upの方法として、いくつかあるようだが、ここでは、Top-Up用のバウチャー(クーポン券)をからTop-Upする方法を書く。

まず、街中のお店で、クーポン券を買う。私の場合、【購入編】で書いたように、SIMを購入したお店で購入。購入すると、Top-Upするために必要なパスワードが書かれたレシートのようなものをくれる。

支払いレシート

そのシートの上の方に”code”と書かれて、数字が羅列されている行がある。この数字がTop-Upに必要な”code”情報。

これを指定された方法で、スマホから送信すると購入した金額分がチャージされるという仕組み。

Lycamobile.nlの場合は、電話のキーパッドから

*101*<code>#

を入力すると購入した金額がチャージされる

または、1224にダイヤルすることでもチャージは可能だが、電話の向こうでオランダ語で喋りだすのでオランダ語が判る人以外は不可能。

Top-Upされたかどうかを確認するためには、同様に電話のキーパッドから、

*101#

を入力するとスマホの画面に表示される。残金もこの方法で確認出来る。

今回購入したSIMのパッケージには、15€がボーナスとして入ってるような表示されていたが、実際はゼロ。つまり4.49€でSIMカードを買った事になり、最初の10€のTop-Upで5€が追加され、合計15€となったと思われる。

参考までに、電話のキーパッドから

*102#

を送ると、電話番号が表示されます。

 

オランダでLycamobileを使う 【電話番号取得編】

開封をして、早速Nexus5に挿入して電源を入れる。しばらく(数分)すると電波をつかみLycamobileというロゴが画面上に表示される。

ただし、この表示については機種やOSによって違う可能性あるので要注意。何らかの方法で電波を掴んだことを確認する。

さらに、しばらくするとSMSで電話番号の通知が送られて来る。購入したパッケージ内には電話番号は掛れていないので、このSMSが来るまで他の人に伝える事は出来ない。

電話番号通知

ここで注意したいのは電話番号。

最初の”31″はオランダの国番号。次の”6″以降がこの携帯の番号となる。

しかし、実際は”6″の前に”0″がつく。国際電話を掛けるとき、国番号の次の”0”は省くというルールがあり、その逆に”0″加えることで、この携帯の電話番号となることになる。

つまり、このSIMの番号は 06########となる。

具体的には、オランダ国内から、この電話に掛ける場合は、 06########に。また、日本などの海外からこの電話に掛ける場合には、316########となる。

 

最後になるが、”CIP”の4ケタの数字が何を意味するのか、現時点では判らない。