カテゴリー別アーカイブ: Kangoo

タイヤ交換 (44,157Km)

カングーのタイヤのひび割れが気になってから3年は経過したかな?製造年数をみたら2009年と8年前のタイヤでした。溝はありましたが、車通勤の事もあり、タイヤ交換に踏み切りました。

スタッドレスと同様、インターネットで安いタイヤを購入し、近くのタイヤ持ち込みOKの交換屋さんにお願いして組み付けました。購入したタイヤの製造年月は2017年2月でした。

タイヤの好みはあまり無く、燃費がよく耐久性が高いタイヤを選んだつもりです。

 取り付けは、改めて別の店を探してみましたが、結局、都筑区にあるタイヤフィッターが安かったので、前回同様、お願いしました。ただ、今回は時間の関係でWeb予約が出来なかったので、1,000円割りが使えなかったのが残念でした。

ワーニングランプ点灯

 またまた、発病です。

 実は先週、蕎麦イベントの帰り。道志の紅椿の湯を出発するときに、持病の警告灯が表示し始めました。
 これが表示されると3速固定になり、それにより最高速度が80Km程度に制限され、高速も乗るというのにどうしよう?という気分になっていました。

img_20161113_112704

 ともあれ、以前購入したBluetooth接可能なOBD2インターフェースユニットががあることが思い出し、スマホ用のソフトをEOBD2 Facileダウンロードして、チェックすることにした。

screenshot_2016-11-13-17-56-11

 起動後、スマートホンのBluetoothがONとしてBluetoothのデバイスを検索します。検索した結果の中に、車に接続したCAN-BUSインターフェース(スキャンツール)が表示されるので、それを選択すれば準備OK。

接続完了後、診断を行うと。。。

メーカーを選択

予想通りの、スロットルペダルのポジションセンサーが原因のようです。ディーラのメカニックのによると、インテークのスロットルポジションセンサーと、このアクセルペダルのセンサーの双方の値に食い違いが発生するとこのエラーが出るとのことでした。

screenshot_2016-11-13-11-24-45

 この対策は、アクセルペダルを交換して「みる」。とか、コネクタを半田付けして「みる」とかいうなんとも頼りない対策しかないのが現実だったりします。

 ともあれ、このままでは近くのスーパーへの買い物ならよいですが、遠出は出来ませんので、リセットをしなくてはなりません。しかし、これをリセットするには、有料(1,680円)のソフトが必要です。ただ、そのソフトで本当にリセットが出来るのだろうか?

 しばらく迷いましたが、1,680円支払ってリセット(DTC Clear)が出来るバージョン (Premium Access)をゲットして、リセットをしてみました。

 クリアされました

 さっきまで表示されていたエラーコードが消えています。車のダッシュボード上のワーニングも消えました。これで復活か?

 ちょっと心配ではありますが、しばらく様子を見ながらどう対策するかと練るかな?と言いながら2年ほど経っている。

参考まで、今回のスマホにインストールをして使ったEOBD2 Facileとセットで動作した、スキャンスールは「ELM327 スイッチ制御可能タイプ OBD2 Mini スキャンツール for Android & PC (Bluetooth)◇ELM327」でした。

ワイパーブレード交換

<走行距離:42,600Km>

前回交換から1.5年。駐車中、フロントガラスは東側に向いているので、夏は朝日から太陽が西に傾くまで照らされていたことになる。日本製のゴムというのがよかったのか、安い割には、よくもったような気がする。

 できることなら、ブレード(ゴム)だけの販売をしてほしいところだが、高級ブレードしかブレード単体の販売は、このメーカーではやっていないようだ。

 仕方がないので、まだツヤが若干残っているアームごと交換することとなった。

2本交換です

左:新品 右:1.5年経過
左:新品
右:1.5年経過

販売元

オイル交換(42,517KM)

いつもなら、最低でも車検のタイミングでオイル交換をするのですが、それほど汚れていないからということで交換をしなかったので、このタイミングで交換をしました。

 毎度のことながらオイルの銘柄の選定に悩みます。
 これまでは、なるべく安くて性能が良さそうなオイルということで選んでいましたが、今回はWAKOSを使ってみようということで値段は関係なく選んでみました。

ということでWAKOS PRO Stage 0W30を選びました。

IMG_8297_trim

 ご存じの通り、KANGOOでオイル交換とフィルター交換をしようとすると結構面倒。

 オイルフィルターがアクセスしにくいところにあるので、上カバーを外し、鎧とよばれるアルミの塊を外す必要があります。
 上カバーは写真のように上・手前と適切な方向に引き合げないと外れません。 
赤矢印の方向に引っ張る

 下記の2つの写真を見れば、なぜ、そのような方向にずらさないと外れないかが判るかとと思います。
IMG_8306

IMG_8305

 次に、この鎧を外す必要があります。2つのボルトで固定されていて、ソケットレンチ+延長棒を使って外します。
外さなくてはならない鎧

 これで、やっとフィルターにアクセスすることが出来ます。
アクセスし難い、フィルターとレベルゲージ

 フィルターを外すのに、専用のサイズのKTCのツール(AVSA-B76)を使っています。これを使っても上からのアクセスはかなり制限されますので、汎用のレンチは使えないかもしれませんね。
IMG_8309

IMG_8304

 写真の順序が逆ですが、フィルターを外す前に、ドレンからオイルを抜きますね。
 ドレンボルトも専用のドレンプラグソケット 10mmが必要ですね。

IMG_8299

 結局、4.5L程度しか入れれませんでした。上抜きじゃないとやっぱりだめかな。

 補足:ドレンプラグ左側のオイルパンにオイルにじみがありますが、これをエアコンの修理をしたときに、エアコンオイルが付着したものと思われます。というか、思いたい(笑)

 先週はウォッシャーポンプの交換、今週はオイル交換と連続して手が掛かかりましたが、しばらくは何もないかな?


ウォッシャーポンプ修理

<走行距離:42,320Km>

 ウォッシャーポンプの動作が今一つとなり、ポンプの弁を修理したのは。。。

 ブログによると、なんと6年前でした。

 暫定策にしてはよく持ったものだ。

 今回はebay.UKより部品を取り寄せて交換することに。もちろんディーラーに発注しても、部品を扱っているお店に注文してもOKです。

 取り寄せた部品は
 Renault Kangoo Express (1997-2016) Double Outlet Windscreen Washer Pump 28

 ウォーッシャータンクは助手席の前あたり。ただし、タンクを外すためには、ワイパーアームを外す必要があるので、ちょっと面倒。
 ワイパーアームの軸はテーパー状になっているので、一旦、ボルトで締め付けるとなかなか外れない。そんなときは潔くベアリングプーラーもしくは専用ツールーを使う。

 以前は、ベアリングプーラーを流用したのですが、今回はアストロプロダクツの専用ツールを購入しました。専用ツールは専用だけあって、いいですね。スルッと抜けます。
 
 まあ、手持ちの材料で自作してもよいのですが、買っても1000円ちょっとですから、作る時間が勿体ないです。
AP ワイパーアームリムーバルツール

 カバーを外すとタンクが顔をみせます。13mのボルト1つで固定されているので、そのナットを外し、ポンプに接続されているホース2本を外せば、簡単にタンクは外れます。
 タンク

 当たりまえですが、やっぱり、新品はいいですね。
左:旧ポンプ 右:新ポンプ

 右側のホースが硬化していて外れません。ということで、手持ちの適当なホースに差し替えて接続終了。

 ちなみにポンプとタンクはポンプボディーの凹凸とタンクの凹凸に勘合して固定されます。また、ポンプの先端はタンクにブッシュを介して刺さります。

 ついでにタンクも掃除して綺麗にしてあげます。
IMG_8293

 動作を確認してもとに戻すのですが、サイドのカバーを取り付けるクリップの上を飛ばして、フェンダーとエンジンルームの間に落ちてしまい、引き上げ不可能に(泣)

 ボンネットが閉まっていれば外れる部品ではないので、なくてもよいかもしれないが、そのうちディーラーに注文に行こうかと。
IMG_8295

追記:クリップ 7703077250 281円 (2016/9/11)