ウォッシャーポンプ修理

<走行距離:42,320Km>

 ウォッシャーポンプの動作が今一つとなり、ポンプの弁を修理したのは。。。

 ブログによると、なんと6年前でした。

 暫定策にしてはよく持ったものだ。

 今回はebay.UKより部品を取り寄せて交換することに。もちろんディーラーに発注しても、部品を扱っているお店に注文してもOKです。

 取り寄せた部品は
 Renault Kangoo Express (1997-2016) Double Outlet Windscreen Washer Pump 28

 ウォーッシャータンクは助手席の前あたり。ただし、タンクを外すためには、ワイパーアームを外す必要があるので、ちょっと面倒。
 ワイパーアームの軸はテーパー状になっているので、一旦、ボルトで締め付けるとなかなか外れない。そんなときは潔くベアリングプーラーもしくは専用ツールーを使う。

 以前は、ベアリングプーラーを流用したのですが、今回はアストロプロダクツの専用ツールを購入しました。専用ツールは専用だけあって、いいですね。スルッと抜けます。
 
 まあ、手持ちの材料で自作してもよいのですが、買っても1000円ちょっとですから、作る時間が勿体ないです。
AP ワイパーアームリムーバルツール

 カバーを外すとタンクが顔をみせます。13mのボルト1つで固定されているので、そのナットを外し、ポンプに接続されているホース2本を外せば、簡単にタンクは外れます。
 タンク

 当たりまえですが、やっぱり、新品はいいですね。
左:旧ポンプ 右:新ポンプ

 右側のホースが硬化していて外れません。ということで、手持ちの適当なホースに差し替えて接続終了。

 ちなみにポンプとタンクはポンプボディーの凹凸とタンクの凹凸に勘合して固定されます。また、ポンプの先端はタンクにブッシュを介して刺さります。

 ついでにタンクも掃除して綺麗にしてあげます。
IMG_8293

 動作を確認してもとに戻すのですが、サイドのカバーを取り付けるクリップの上を飛ばして、フェンダーとエンジンルームの間に落ちてしまい、引き上げ不可能に(泣)

 ボンネットが閉まっていれば外れる部品ではないので、なくてもよいかもしれないが、そのうちディーラーに注文に行こうかと。
IMG_8295

追記:クリップ 7703077250 281円 (2016/9/11)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です