RASPBERRY PI2にハイレゾオーディオボードを追加(その2)

以前、「SSHでの接続を拒絶されてしまっているような様子。」と書きましたが、どうやら、Jessie with PIXEL(2016/11/25版)では、初期状態ではSSHは動かないようになっていることが判りました。

モニターがあれば、ログインして、SSHを動くように設定を変更すればよいのですが、モニターが無い場合はどうすればいいのだろう?

ちゃんとリリースノートに記載があったようです。

 それによると、一旦SDカードをPCに挿て、SDカードのディレクトリの直下(bootディレクトリの直下)に”ssh”という名前のディレクトリを作成するだけのようです。

 そもそも、Jessie with PIXEL(2016/11/25版)にはなっていなかったハズの、私のRaspberryPiが、なぜsshを拒絶するようになってしまっていたのかは不明です。

さて本題です。

 Jessie with PIXELをインストールして、SuptronicsのX-400のページに書かれている、/boot/config.txtの修正方法等を行って、OS上のサウンドボードとして、IQaudiODACとしてX-400を認識して、動作することを確認しました。

 さらにKODIをインストールして、Audio OutputのAudio Output deviceのところに、IQaudiODACが選択できると思いきや、出てきません。なじぇ???

 いろいろと苦戦した挙句、/boot/config.txtにdtparam=audio=offを追加して表示され、選択出来るようになりました。
 

ここに辿り着くまでに、ディストリビューター違いのOSMC経由では正しくボードを認識してくれ、使えること確認したのですが、KOIDだと、なぜかダメ。となんとも不思議な状況でした。

 いろいろありましたが、今はKODIで使えています。そして、問題の音質の違いは!?

 ありました。まず、気になっていたノイズが全くなくなっていました。また、音の深みも出て、より落ち着いて聞けるような音質になってくれました。
RADIO.netのAddo-Onを入れ、お気に入りのWhisperings Solo Piano Radioを聞き満足しています。

 これで、KODI経由でJAZZRADIO.COMが聞ければ文句無しなんですがねぇ。

 さて、次は、日本語化できないSKINの日本語化でもしますか。それとも、タッチパネルでの動作対応か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください