カテゴリー別アーカイブ: Raspberry PI

Raspberry PI 2 3.5” LCD < インストール>

ちょっと順番が飛びますが、Raspberry PI2と一体で運用が出来る3.5″ LCDを購入しましたので、忘れないうちに備忘録を。

購入は、eBayから。簡易ケース付きで1,800円とお買い得。

OSYOOの箱に入って着荷しましたが、メーカーはKeDeiというところのようだ。

調べたところ、ドライバーが入っているイメージとドライバーをインストールする2つの方法があるようですが、私はドライバーをインストールする方法を選択。

まず、いつもの手順でOSをインストール、初期設置設定を完了させる。

その後、基板にシルク印刷されている、バージョン番号を確認して、適切なドライバーをここからダウンロードする。

バージョンを確認

まず、Rasiperr PI2に”LCD_show_v6_1_2.tar.gz”にコピーをして解凍。

tar -xzvf LCD_show_v6_1_2.tar.gz

LCD_show_v6_1_2ディレクトリに移動して、

cd LCD_show_v6_1_2

sudo apt-get update

を実行後、

sudo ./LCD35_v

を実行後、しばらくすると自動的に再起動される。

再起動後、LCDに表示されれば、完了。

今後、システムのアップデートを行う場合は、

sudo apt-mark hold raspberrypi-bootloader

を実行してから、

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

を行うようにと、書かれていました。

HDMIに切り替える場合には、

sudo ./LCD_hdmi

を実行すればOK。のハズ。。。

ちなみに、同梱されていたケースはこんな感じのもの。液晶側のパネルは無し。

IMG_8153 IMG_8154

 

<2017.2.5 Updated>
ファイルの入手はここから
 sudo wget http://en.kedei.net/raspberry/v6_1/LCD_show_v6_1_3.tar.gz

で解凍するには
tar xzvf LCD_show_v6_1_3.tar.gz

Raspberry PI <インストール、起動編>

購入したのは半年くらい前?その間、OSをインストールし、アプリケーションをインストールし、動かない?それでは、最初から。。。と何度となくやってきました。

そんなことが簡単にできるのもRaspberry Piのいいところですね。

さらに、その手順というのは先人の先輩方がインターネット上に公開している手順に沿って行うだけで、感謝感謝です。

そのインターネットで検索してで来る手順ですが、自分の頭を整理することも含め、備忘録として書いておきます。

ここでは、OSをインストールし、起動できるようになるまで手順を書いておきます。

1)Micro SDカードのフォーマット

使用するユーティリティ:SDFormatter

一度、OSをインストールしたカードを再度使う時にも使います。再フォーマットするときには「オプション設定」/「理論サイズ調整」をONにすることで、初期のサイズに戻り、OSのイメージを焼くことが出来ます。

理論サイズ調整画面

 

2)SDカードへのイメージコピー

WindowsOSの場合はWin32DiskImagerを使ってOSのイメージをSDカードにコピーします。

SDカードをカードリーダーに挿入し、カードリーダーをPCと接続。

認識したドライブ名を確認し(ここではHドライブ)、ダウンロード済のイメージを選択し、「Write」をクリック。しばらくすると、「Complete」のダイアログが表示され、終了。

Image Writing

3)起動

マイクロSDカードにOSのイメージが焼けたら、カードリーダーからマイクロSDカードを取り出し、RaspberryPiに挿入します。その後、電源を投入すれば起動をし始めます。l

4)ターミナルソフトで接続

今回は、モニターもキーボードもなしでRaspberryPi以外にあるものはネットワークにつながっているWinPCのみで立ち上げることにチャレンジしてみます。

正しく起動すれば、RaspberrPiのIPアドレスはDHCPで取得されます。もちろん、接続されてたLAN環境にDHCPサーバーがあることが前提ですが。

次はDHCPサーバーによって割り振られたIPアドレスを取得すればTeraTermなどのターミナルソフトを使ってSSHで接続が可能となります。

IPアドレスはDHCPサーバーが起動しているネットワーク機器になら大抵にある、払い出し状況を確認する画面から、一番最近割り振られたIPアドレス(リリース時間が一番長いデバイスのIPアドレス)がそれにあたるハズです。

そのIPアドレスをTeraTermなどでSSH接続を指定(TCPポート22)し、ホストのIPアドレスとして入力して接続で初期設定の下記の2つを入力すれば、まずは接続完了です。

ユーザー名: pi

パスフレーズ: raspberry

TeraTerm

5)リモートデスクトップで接続

コマンドだけでは、なかなか使いにくいこともあるでしょうから、WindowsOSのリモートデスクトップを使って接続し、GUIをつかって操作できるようにします。

GUIが表示されれば、Wifiの設定もなれないUNIX系のエディタを起動して設定することもしないで済むので楽です。

sudo apt-get update
sudo apt-get install xrdp

これで、Windowsのリモートデスクトップを使ってアクセスが出来るようになります。

おそらく、ほとんどの方がWinPCのキーボードは日本語キーボードでしょうから、若干のおまじないをすることで、迷わずにキー入力することが出来るようになるでしょう。

cd /etc/xrdp/
sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini
sudo service xrdp restart

とりあえず、ここまで来れば、GUIを使ってWifiの設定も簡単に出来るハズです。

Raspberry Pi 2に心惹かれて

中学時代にマイコンに心惹かれてからはやうん十年。

そのころから、ちゃんとマイコンを勉強していれば、もう少し今の仕事に役立っていたかもと思う今日この頃ですが、気がつくと手軽にコンピューターをいじって遊ぶような環境が世の中に出来ていることに気がつきました。

その当時はだれもがコンピューターを持ち、使える時代ではなく、好きな人がキットを買ってきて作るのがやっとのような時代。

新日本電気(NEC)が発売したTK-80シリーズのコピー版、MK-80というものを親に買ってもらったのが、私のコンピューターとの出会いでした。
おそらく、今となってはTK-80のコピー版があったなんで、知るひとぞ知るといった感じかと思います。インターネットで検索しても全く引っ掛かりませんので。

と、前置きはさておき、SDRのラジオサーバー構築をとりあえずの目標としてRaspberry Pi 2 Model Bを購入することになりました。

【購入】
1)Raspberry Pi 2 Model B 5,450円 (秋月電子)

IMG_0021

IMG_0023

2)micro SD (16GB) TOSHIBA EXCERIA R95/W60 1,725円 (浜田電機)

SDカードの容量と速度には悩みました。不要になってもドライブレコーダー用に使うことも出来るように16Gで書き込み速度も早めのものを購入。

IMG_0024_1

3)HDMIケーブル ¥250 (秋月)
とりあえず、買ったものの、立ち上げ時に立ちあがったのを確認するためだけに使った。買わなくてもよかったかもとちょっと後悔。

起動には、5Vの電源が必要だったが、2AのUSB充電器があったのでそれをとりあえず使用することにして、スタートを切ることにしました。

最終的には、Wifiによるネットワーク接続、Bluetoothでのマウス、キーボード接続、もちろんSDRの接続を行う。
大まかなステップは以下の通り。

1)OSの導入
2)SDRの接続
3)Wifiでのネット接続
4)Bluetoothによるマウス、キーボード接続

こんな感じに進めていくことになるでしょう。